TW350-1
TW500W-1

用途

道路・基礎の建設時の締固め(一次転圧~仕上げ)。

特徴

  • 鉄輪とタイヤを備えており、一台で一次転圧から仕上げ作業まで行えます。
  • 前後の視界に優れ、サイドの転圧時にもロール側面が見やすい構造です。

仕様表 

商品名 コンバインドローラー
メーカー  酒井重工業
型式 TW350-1 TW500W-1
総重量(kg) 2,450 3,560
自重(kg) 2,260 3,240
配分重量 総重量:前輪/後輪(kg) 1,380/1,070 2,000/1,560
自重:前輪/後輪(kg) 1,380/880 2,000/1,240
静線圧 総重量:前輪/後輪(N{kgf}/cm) 113{11.5}/- 151{15.4}/-
自量:前輪/後輪(N{kgf}/cm) 113{11.5}/- 151{15.4}/-
起振性能 起振力(kN{kgf}) 20.6{2,100} 24.5{2,500}
振動数(Hz{vpm}) 55{3,300}
走行速度※前後進等速(km/h)

1段 0~8.5

2段 0~11.0

1段 0~9.0

2段 0~12.0

最小回転半径(m) 3.8 4.3
登坂能力(度) 22 24
寸法(mm)

全長×全幅×全高

2,625×1,290×1,570 3,105×1,390×1,700
軸距 1,950 2,300
締固め幅 1,200 1,300
カーブクリアランス 540 635
最低地上高 250 280
機関 名称 いすゞ”3LD1” いすゞ”4LB1”
形式 4サイクル、水冷頭上弁、直列渦流式ディーゼル
総行程容積(cc) 1,496 1,499
定格出力(kW{PS}/min-1) 20.6{28}/2,300 22.1{30}/2,500
動力伝達装置 変速機/変速段数 静油圧変速機/2段切換および静油圧による無段変速
逆転装置 可変容量型油圧ポンプの油吐出方向の変換による
終減速機:前輪/後輪 遊星歯車式/ダイレクトドライブ
起振装置 動力伝達 静油圧式
起振機 1軸偏心
装着位置 前輪の胴内部
車輪装置 用途:前輪/後輪 振動および駆動輪/駆動輪
前輪寸法:直径×幅(mm) 675×1,200 800×1,300
後輪寸法:タイヤの呼び×数(mm) 9.5/65-15-6PR(OR)×4 10.5/80-16-6PR(OR)×4
支持方式:前輪/後輪 防振ゴム/固定
制動装置 主ブレーキ 静油圧ブレーキ、機械式湿式多板ブレーキ
駐車ブレーキ 機械式湿式多板ブレーキ
操向装置 アーティキュレート方式、油圧式
散水装置 圧送式
洗剤噴霧装置 圧送式(後輪)
水・油類の容量 燃料タンク(L) 42 52
散水用タンク(L) 200 320
洗剤タンク(L) 10 10
カタログ PDF

外形寸法図(mm)

TW350-1

TW500W-1

 


掲載しております写真および仕様は代表的な機種であり、実際に納品されるものとは異なる場合がございます。詳細につきましては弊社までご確認下さい。

おかげさまで創業80周年

ご不明な点やお探しの製品が見つからない場合はお気軽にお問い合わせください。